作作日記

株式会社作作ブログ

東京電力 電力供給状況API

震災後、ポータルサイトなどで表示されるようになった、
電力グラフで使用されているAPIを見つけました。

東京電力 電力供給状況API:http://tepco-usage-api.appspot.com/latest.json

最新の電力使用状況を取得できます。
※東京電力の電力の使用状況グラフから算出しているデータです。
発表データを元にしているため、多少のタイムラグが発生します。

取得データのサンプルは、下記の通りです。
——————————————————

http://tepco-usage-api.appspot.com/latest.json

{
“saving”: false,
“hour”: 19,
“forecast_peak_period”: 18,
“capacity_updated”: “2011-04-10 16:05:00″,
“forecast_peak_updated”: “2011-04-11 00:30:00″,
“month”: 4,
“usage_updated”: “2011-04-11 11:05:58″,
“entryfor”: “2011-04-11 10:00:00″,
“capacity_peak_period”: 18,
“forecast_peak_usage”: 3350,
“year”: 2011,
“usage”: 3268,
“capacity”: 4250,
“day”: 11
}

——————————————————

phpのjsonを使用してデータを取得・出力したい場合は、

$url = “http://tepco-usage-api.appspot.com/latest.json”;
$data = json_decode(file_get_contents($url));
print("電力供給状況n");
print(date('Y-m-d H:i:s')." 現在n");
print("本日 ”.$data->hour."時台の消費電力(万kW):”.$data->usage."万kW n");
print($data->usage."万kW / ”.$data->capacity."万kW n");

のようなサンプルになります。

また、電力供給状況APIを活用した
ブログパーツもありましたので、紹介したいと思います。

 <script src="http://53pc.com/setsuden/js/blogparts.js?file=blog_bw_01&width=164&height=300"type="text/javascript" charset="utf-8"></script>

「width=164&height=300」の部分を変更すれば様々なサイズに合わせて、利用いただけます。

皆様の節電に役立ててください。

No related posts.

Comments are closed.